運営事務局:〒227-8501 横浜市青葉区藤が丘1-30 昭和大学藤が丘病院 脳神経外科 

Email:hybridns.yokohama@gmail.com / tel:045-971-1151(代表)

(C) Hybrid Neurosurgery研究会. All Rights Reserved.

第10回 Hybrid Neurosurgery研究会

​    ALICE Tokyo 2019

                      <脳血管障害ビデオライブセミナー>

第10回主題:破裂脳動脈瘤のすべて

日    時:2019年9月28日(土) 10th HybridNS     10:00~

​          9月29日(日)  ALICE Tokyo2019 9:00~

 

会    場:日石横浜ホール

      最寄駅:京浜東北・根岸線、横浜市営地下鉄「桜木町駅」徒歩4分

 

参 加 費:5,000円/日 ※両日ご参会の場合は10,000円

代表世話人:寺田 友昭 昭和大学藤が丘病院 脳神経外科学教室

      水谷 徹  昭和大学病院 脳神経外科学教室

​   

 

​  お知らせ

 

  New   2019.9.12  プログラムを公開しました。

 

                   2019.8.19 演題募集を締め切りました。 

      

       2019.5.24 演題募集を開始しました。(~8/19)

                     2019.4.11 ホームページ公開しました。

​       

第10回Hybrid Neurosurgery研究会

/ALICE Tokyo2019は多くの皆様にご参会頂き

盛会のうちに終了致しました

 

次回は同会場にて

2020年10月3日(土) 第12回Hybrid Neurosurgery研究会

2020年10月4日(日) ALICE Tokyo2020

を開催致します

お誘いあわせの上、是非ご参加ください

 

ご挨拶

-- 本研究会について --

Meet up 2019 in YOKOHAMA

 本研究会では、血管外科、血管内治療のそれぞれを基本から応用まで、お互いに学びつつ、本音で議論し、さらに挑戦し、限界を極めていくという感覚を大切にしたいと考えています。さまざまな脳血管障害の治療に対応するためには、脳血管外科、脳血管内治療の両方を取り入れることが不可欠な時代になっています。本研究会がそれぞれの分野のエキスパート、hybrid neurosurgeon が育っていく場となれば欣幸の至りでございます。

 

 第10回は“破裂脳動脈瘤のすべて”という内容で開頭術、血管内治療とも“ガチンコ勝負”ができるテーマを取り上げました。破裂脳動脈瘤に関してはISAT、BRATに示されているように一般的には血管内治療が有利とされていますが、前方循環、特に中大脳動脈瘤や前大脳動脈末梢部動脈瘤に関しては、開頭術の方が有利な症例も存在します。

また、従来は血管内治療では完全閉塞困難であった内頚動脈のblister-like aneurysmの治療に関しても、多重ステント、flow diverterなどによる治療が開頭によるバイパス+トラップ手術の代替治療になりつつあります。大型破裂脳動脈瘤でも急性期にステントを用いれば血管内治療で対応可能ですが、急性期にステントを用いることによる功罪については結論が出ていません。高いスキルを持った脳神経外科医なら開頭術の方が良好な結果を出すことも十分に考えられます。

 また、くも膜下出血の治療は、出血源の脳動脈瘤に対する治療のみではなく、それぞれの治療法により脳血管攣縮の発生頻度がどのように異なるのか、開頭によるくも膜下手術の血腫除去は本当に脳血管攣縮に有効なのか?等についても議論したいと考えております。

 今回は主題に沿って、細分化した項目で演題を募集しております。演題募集要項をご確認いただき、これはという症例がございましたら、是非事務局までご一報ください。

 また本年もRené Chapot先生をお招きし、研究会翌日に"ALICE Tokyo 2019"を開催致します。これまで同様、advancedな症例を題材に、Chapot先生を交え、開頭術及び血管内治療のエキスパートの先生の間でホットな討論を行ないたいと思います。また、Chapot先生には"ALICE 2018"のライブ症例ではなく過去1年間に経験した面白い症例をadvanced caseとしてご紹介頂く予定です。

第10回本会も、皆様と破裂脳動脈瘤について議論できることを楽しみにしております。

Hybrid Neurosurgery研究会 横浜

代表世話人   寺 田 友 昭

 

過去のプログラム

​※既開催のプログラムは下記をご参照下さい。

【東京回】    【横浜回】

プログラム

◆◆ 第10回プログラム ◆◆

 
 

演題募集

演題募集:主題"破裂脳動脈瘤のすべて"

     以下の項目について演題を募集します。

     

 


 

 

応募要項:下記項目を記載の上、メールにてご応募ください。

       ※演題の採否については事務局に一任ください。

        時間の都合上、一般演題を約10題とさせて頂きます。

        内容によっては、午後の教育セミナー等に採択させて

        頂く場合もございますのでご了承ください。

1)演題名

2)御所属の施設名

3)発表者(共同演者)氏名・フリガナ

4)抄録本文※全角換算700文字以内(図表登録できません)

5)連絡先(メールアドレス、電話番号)

 

 

演題申込先:演題募集を締め切りました

お申込後の流れ :1週間以内に受領の返信メールがない場合は、

        お手数ですが事務局までお電話にてご連絡下さい。

        8月末日までに採択の可否及び、ご発表頂く場合は

        おおよその発表開始時間をご連絡させて頂きます。

 

演題募集締切:締め切りました。

       多くのご応募ありがとうございました。

 

 
 

交通アクセス​ 〒231-0062 横浜市中区桜木町1-1-8 日石横浜ビル1階

◆電車でお越しの方 

  JR京浜東北・根岸線、横浜市営地下鉄「桜木町」駅より徒歩4分。

◆お車をご利用の方 

  会場に約50台の駐車場がございますが、土地柄、土日は満車になることも多いようです。

  公共交通機関をご利用いただくか、周辺のパーキングをあらかじめご確認ください。

  また駐車サービスはございませんので、ご了承ください。

 ※会場駐車場:料金100円/12分(7-24時)

​​◆徒歩経路について  

 最寄駅(JR桜木町)からの徒歩経路は、下記をご参照ください。